イベント情報

食卓をかこむオーガニックマーケット 「島の食卓 」

「島の食卓」3つの特徴
◎自ら設けた参加基準。
美味しいのはもちろんのこと。このマーケットに並ぶ野菜は、種から気を遣い、農薬・化学肥料を使わずに育てられたものだけ。加工品・調味料も、昔ながらの製法で作られたものを中心に選んでいます。自分たちがどれを手に取っても安心だと思えるような商品を、取り揃えています。
◎島のめぐみをいただきます!みんなで囲む食卓。
マーケットには、みんなで囲むテーブルがあります。そう、これこそが、島の食卓。この食卓で、料理人が腕をふるった美味しいごはんを楽しむことができるんです。食卓をともにする喜びには世界を変えていく力がある、とわたしたちは信じています。
◎目指すのは「オーガニックの島、淡路島」
豊かな食の島、淡路島。四季折々、海と大地のさまざまなめぐみの中で、農や漁の営みもその自然の循環に沿うものでありたいとおもいます。オーガニックの文化を「島の食卓」を通じて育ててゆく。それが私たちの大きな目標です。
※ 島の食卓では「オーガニック」を、農産物だけでなく自然との共生や人のつながりも含めた暮らし全体にわたるものとして捉えています。
———-
食卓をかこむオーガニックマーケット
「島の食卓 2020/8月」
日時:2020年8月8日(土)8:00〜12:00
場所:菜音キャンプ
   兵庫県淡路市王子1430
   0799-62-2828
  *荒天時中止(前日17:00決定。FBページにて告知します)
お越しくださるみなさまへ
【車は乗り合わせて】
駐車台数が限られています。なるべく乗り合わせてお越し下さい。友人と一緒だと楽しいですね。
【マイ買い物袋・食器・カップをお持ちください】
できるだけゴミを出さないよう、ご協力をお願いいたします。
【開催は 8:00〜12:00 です】
早めに売り切れる場合もありますので、お早めにご来場ください。
協力:菜音キャンプ
お問合せ(「島の食卓」事務局):
shimanoshokutaku@gmail.com
———-
私たちについて
淡路島の農業生産者を発起人に、加工・飲食などを提供する人から消費者まで、さまざまな立場の人が寄り集まって、「オーガニックの島、淡路島」を目指して活動をはじめました。生産者や加工者、消費者がつながり、ともに学びあいながらオーガニックの文化を育てていきます。
今後はオーガニックマーケットの開催とともに、日常的に購入できる仕組みづくりをおこなっていきます。関心のある方で、主旨に賛同いただける方は誰でもお気軽にご参加ください。

この記事を書いた人

あわじ暮らし総合相談窓口

あわじ暮らし総合相談窓口

「自然いっぱいの豊かな環境で子育てしたい」「自然の息吹の中でクリエイティブな仕事がしたい」など、一人ひとりが希望するライフスタイルに応じた「あわじ暮らし」の実現をサポートしています。

このライターの記事一覧

Top