相談員ブログ

移住したてのSちゃんと、一日島めぐり♪

みなさんこんにちは、相談員の藤本です。

長かった緊急事態宣言が、ようやく解除されましたね!淡路島は今年も海水浴場の閉鎖が決定していますが、引き続き感染対策をしながら、観光客のみなさんには楽しい夏の思い出を作っていってもらいたいです。

さて、先日のお話ですが、4月に特別面談を受けた大阪在住のSちゃんが、5月末に淡路島へ移ってこられたので早速会いに行ってきました。実は彼女、わたしと生まれ年が一緒なんです!同い年の移住仲間ができたことが嬉しく、この日は彼女のご希望で島をご案内することに^^

まずは南あわじ市にある「kozora house」さんでランチ。単身移住の彼女は、これからはじまる淡路島での生活に夢を膨らませた様子で、とても楽しそうに近況を話してくれました。

大阪で長年、アパレル店員として働いてきた彼女は、7月から保育士としての勤務が決定しています。特別面談の際に、南あわじ市が支援している保育士の補助事業を受けて、無事に転職が決まりました。住居もスムーズに決まり、新鮮な毎日を送りながら、すでに“淡路島あるある”にも直面しているようで…。

マンションの裏手が「畑」ということで虫が多く、さらに夜な夜な響き渡るカエルの大合唱に、環境のギャップを感じているそう。なんでも最近はヤモリの侵入が多く、そのたびに横に住む大家さんを頼っているのだそうです。

実はわたしもつい先日、夜遅くに部屋の窓を開けた瞬間にヤモリが入ってきて、思わず大声をあげてしまったことがありました^^; 旦那さんには“ヤモリごときで…”と呆れられましたが、不意に現れるとやっぱり驚くものです。。

ですが彼女のように、何かあったときにすぐかけつけてくれる人がいると安心ですよね!

そんな話で盛り上がったランチのあとは、彼女のご希望で福良にあるジェラート専門店「G.ELM」さんへ。土曜日だったので、とても賑わっていました。ここのジェラートは、良心的なお値段でとても美味しいジェラートが食べられるのでわたしも大好きなお店です。夏季限定のフレーバーも続々と登場していましたよ!

おとなりの福良マルシェでも、淡路島の夏の旬魚であるハモやサワラが並びはじめていました。こちらもリーズナブルなお値段で食べられるので、観光客にとても人気です。

Sちゃんは好物のキウイをゲット!「こんなに入ってこの値段!大阪じゃありえへん~><」と喜んでいました(笑)

続いて向かったのは、大きな鳥居が目印の「おのころ神社」。安産祈願や交通安全、健康長寿や商売繁盛など、さまざまなご神託を受けることができる神社です。

Sちゃんも淡路島に来たご報告をしながらこれからはじまる車生活の安全を祈念し、「交通安全」のお守りを購入して神社を後にしました。

そして、最後のご要望でやってきたのは「大浜海水浴場」。当初は“海が見える家に住みたい”と話していた彼女ですが、どこにいても海へすぐに出られることを知り、物件探しの視野が広がりました。大浜は彼女の住むマンションからも、20分ほどで来れる海水浴場です。

“暮らしのそばに海があるなんて最高ですね”と、曇り空にも負けないキレイな淡路島の海に、終始感動した様子のSちゃんでした。海水浴はできないけど、マリンスポーツを楽しめる場所はいくつかあるので、“夏になったら一緒にやろうね”と約束をしてこの日はお別れ。

これからはじまる彼女の淡路島生活がステキなものになるよう、今後も陰ながら応援していきます♪
そして引き続き、みなさまからの移住相談もお待ちしております^^

 

 

 

 

この記事を書いた人

藤本 沙紀

藤本 沙紀

2017年3月、東京から淡路島へと移住し「紡ぎ屋」の屋号でフリーライター・制作ディレクターとして活動している。webメディアのライティングを中心に、イベントPRや観光情報誌などで淡路島の魅力を発信している。制作実績には、南あわじ市の沼島を題材としたコンセプトブック「紡ぎ」や、県民局から受託した淡路島の「移住促進パンフレット」、「支援メニュー早読み表」などがある。 https://tsumugiya.site/

このライターの記事一覧

Top