相談員ブログ

また会う日まで。

みなさんこんにちは。相談員の藤本沙紀です。先日、新年一発目の相談員ブログを更新したところではありますが、今回はみなさんにご報告です。

昨年の夏に第一子を授かり、あっという間にもうすぐ臨月。今月を持って、産休に入らせていただきます。

出産予定日は3月12日。単身、東京から淡路島へ来たのが2017年3月10日ですから、ちょうど5年を迎える節目に第一子を出産します。なんだかとても感慨深いです…。淡路島に来たころの私は、まさか淡路島で結婚し、5年後に母になるとは夢にも思いませんでしたから…。笑

人生は、本当になにが起こるか分かりませんね。

先日は、コロナでなかなか行けずにいた新婚旅行にもなんとか出産前に行くことができました!有馬へ行ってきたのですが、淡路島から車で1時間ほどの近さで驚きました。三ノ宮からはバスも出ていて、30分もかかりません。(電車でも行けます)

わざわざ島外へ出なくても、淡路島にも温泉宿はたくさんあるので、コロナのことも考えると「最悪、淡路島の旅館でも良いなぁ」と思っていたのですが、地元民の旦那さんからしたら旅行感が出ないようで、近場の有馬温泉になりました。

でもそれはそれで、淡路島にはない空気感、傾斜の多い風情ある街並みはとても新鮮でした^^(妊娠9カ月の妊婦には、なかなかハードな坂道だらけでしたが…笑)

実は新年早々、ちょっとだけ入院していたので、旅行はとてもいい気分転換になりました。

医療センターの産科病棟からは海も見えてとても過ごしやすかったです。

新居への引っ越しもいよいよ来週に控え、落ち着かない毎日を過ごしていますが、出産までの残りの時間は、なるべく穏やかに無理せず過ごしたいと思います。

これからはじまる新しい土地での暮らしについてもしばらくお伝えすることができませんが、また復帰後にまとめてお話していきますね!!

それではみなさま、また会う日まで^^

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

藤本 沙紀

藤本 沙紀

2017年3月、東京から淡路島へと移住し「紡ぎ屋」の屋号でフリーライター・制作ディレクターとして活動している。webメディアのライティングを中心に、イベントPRや観光情報誌などで淡路島の魅力を発信している。制作実績には、南あわじ市の沼島を題材としたコンセプトブック「紡ぎ」や、県民局から受託した淡路島の「移住促進パンフレット」、「支援メニュー早読み表」などがある。 https://tsumugiya.site/

このライターの記事一覧

Top