移住サポート

神戸から明石海峡大橋を渡ると、そこはもう淡路島。
美しい海と山、温暖な気候、あたたかい人情。
自然いっぱいの環境で子育てをしたい方、自然の息吹の中でクリエイティブな仕事をしたい方、
リタイヤ後の第2の人生を農作業や釣り三昧で過ごしたい方…などなど。
私たちはそんな皆様の「あわじ暮らし」を実現させるため、
地域選びや家探しなど様々なご相談にお応えします。

移住相談について

電話相談

田舎暮らしが、ちょっと気になるなぁ…そんなことを感じている方は、まずお気軽にお電話ください!

受付時間:9時~17時(年末年始の12月28日~1月3日を除く)

面談相談 事前予約必須

移住先の候補として淡路島を検討しているんだけど…そんな方は、淡路島の気候風土や生活環境の下見もかねて面談にお越しください!あなたの田舎暮らしに対する思いをじっくりとお聞きしながら、適切なアドバイスをいたします。

基本的な面談場所は、古民家をリノベーションしたカフェです。田舎時間の流れる中、ゆっくりとお話ができます。

対応時間:9時~17時(年末年始の12月28日~1月3日を除く)

1泊2日の特別相談会『リサーチ!あわじ暮らし』 事前予約必須 年間10組限定

先輩移住者の古民家訪問

淡路島に移住したいけど、色々と不安だなぁ… HPやガイドブックでは得られない本音情報を聞きたいなぁ… そんな方は、相談員2名がアテンドするオーダーメイドツアーをご利用ください。

事前ヒアリングを行い、あなたの希望する日程や内容で調整の上プログラムを作ります。夕食交流会は、先輩移住者をゲストに迎えて旬の淡路島食材を使った晩餐で本音トーク!
田舎で暮らす秘訣は、“移住した先輩に学べ”
生の声を聞いて、あわじ暮らしの実現に一歩近づきましょう!!

今までの実績例

  • 就農を目指して先輩移住者の農園で研修ツアー。
  • 愛犬と過ごす第二の人生設計のためのツアー。
  • 移住してWeb系で起業された方を訪問するツアー。

相談員ご紹介

経験豊富な相談員がご対応いたします。

\ 神戸市灘区から淡路へ移住 /
井上 秀夫(いのうえ ひでお)

淡路島は温暖な気候で過ごしやすく、自然も豊か、四季の移り変わりも肌で感じています。何よりも食べ物が新鮮でおいしく、当初移住目的の一つであった野菜作りは近所の農家のおばちゃんの教えを受けて、今では自家製の旬の野菜が食卓に並んでいます。収穫時期になれば孫たちが来て都会では味わえない体験をしています。田舎暮らしにも慣れ、少し余裕が出てきた今、自身の移住経験を少しでもお役に立てればと思っております。

\ 海外からの相談なら私にお任せ! /
徳梅 リカ(とくうめ りか)

淡路島、洲本市の市街地で生まれ育ちました。3年間の海外生活後、帰るなら東京のような大都会ではなく、カリフォルニアにも負けない自然豊かで広々とした淡路島!と帰国しました。語学ボランティアをしながら、淡路島のアクセスの良さを活かして海外の友人・家族をしばしば訪問しています。海外からの田舎暮らしの相談なら私に任せてください!また、梨花というペンネームでブログも書いているので、のぞいてみてね♪

\ 大阪生まれ、1981年に淡路島に移住 /
小松 茂(こまつ しげる)

まだ「田舎暮らし」という言葉もほとんど使われていなかった時代で様々な葛藤を経験。畑仕事だけでなく、採集生活に近いワイルドな暮らしまで経験(笑)。淡路島の変化を「よそ者」の視点でしっかり見てきました。田舎の、そして淡路島の良い点だけでなく洗いざらいアドバイスさせていただきます。

\ 移住相談員を始めて8年以上 /
赤松 清子(あかまつ きよこ)

生まれも育ちも淡路島。高校卒業後、田舎が嫌で3年間ほど京阪神で暮らしました。でも、なぜか、淡路島に帰って結婚しちゃったんですよね(笑) 子どもたちも独立し、移住相談員を始めて8年以上が経ちました。移住希望者さんは十人十色。 これまでの経験を活かし、相談者に寄り添ったフォローをいたします!

短期滞在施設

すぐに移住を決めてしまうのは不安。そんな方の為に、淡路島ではお試し住宅での体験移住を推奨しています。

都市農村交流施設「宙-おおぞら-」

真剣に移住をお考えの方に、住まいや仕事を見つけるまでの短期間ご利用いただく施設です。

農家民宿「天空庵」

将来田舎でのんびり暮らしたいが、いきなりの田舎暮らしは不安な方、ぜひどうぞ。

洲本農業研修生の短期滞在住宅「たかた屋」

農家を目指す人が無料で利用することができます。

木造の二階建て日本家屋「淡路島 雁がね荘」

古民家を改装した、 一棟貸しのお宿。

Top