ブログ

アプリでGO!淡路島へGO!

こんにちは!岩本幸代です。

2019年がスタートして、早くも半月が過ぎ、私の淡路島暮らしは3年目に入りました。

 

南あわじ市が誇る慶野松原には、その名の通り立派な松林があります。

よく近所をぶらり散歩していた移住直後、この松林で「イノシシ松」を見つけました!

今にも松林の中を駆け抜けていきそうなイノシシ松!この力強さにあやかって、今年も頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

移住 丸2年が過ぎた今でも、私の淡路島内の足は、夫が運転する車と愛車のママチャリとバスです!

自転車で近所のスーパーへ行くのに飽きたなぁと思ったら、南あわじ市内を走る「らんらんバス」に乗って、ちょっと遠くのショッピングセンターまで出かけます。

 

便数は少ないし、市内を網羅するにはいくつかのバスに乗り換える必要があるけれど、私はこのバスに揺られながら田舎の風景を眺め、おじいちゃんおばあちゃん達が楽しそうにおしゃべりしているのを聴くのが好きなのです!

 

運転手さんともすっかり仲良くなり、淡路島の歩みなんかを教えていただけるので、車中は私にとって『イイね』だらけなのです!笑

 

 

淡路島では、各市で運営しているコミュニティーバスの他、民間のバスも走っています。

意外とこれらのバスを駆使すれば、島内どこへでも行けることがわかってきました。

 

 

時刻表と地図をにらめっこしながら予定を立て、その通りにバスを乗り継いで目的地まで行けると、よっしゃーーー!!と強い達成感に浸れます。

 

 

個人的に、今流行ってる淡路島の遊び方です(イコール、暇人と言うことです 汗)

 

 

 

 

 

さて、他市に遅れを取りましたが、この度 南あわじ市の広報誌がアプリで閲覧できるようになったと聞いたので、大好きなバスを利用して、広報課の職員さんへお話を伺いに行きました。

 

 

いつ見ても、淡路瓦をたくさん使ったカッコイイ庁舎です!

 

 

南あわじ市の広報誌は、毎月新聞の折り込みに入っているし、希望すれば郵送も可能とのこと。

 

広報誌なので、市民に届けたい情報が満載なのですが、淡路島を離れた若者にも今の島の状況を知っていただき、また帰ってきたいと思ってもらえたら。。。と言うことで、アプリ導入を開始されたそうです。

 

詳しくはコチラ→広報南あわじ

 

 

また閲覧するだけではなく、気になった情報は保存したりシェアすることも可能なので、観光やイベント情報などをチェックしていただき、是非 淡路島観光のお供にしていただければとおっしゃっていました。

 

 

私も早速アプリをダウンロード!!淡路市、洲本市の広報誌も登録しました!

 

 

淡路人形浄瑠璃が表紙になった南あわじ市の市勢要覧書も、とても素敵に仕上がっています!

こちらはアプリで閲覧できませんが、広報誌とあわせて見ていただきたい冊子です!

 

 

 

 

庁舎内にはちょっとしたイートインスペースがあり、パンやドリンクが販売されています。

 

 

 

 

I LOVE バスの私のためにあるようなこのスペース♡

さぁ、ここで何時間でも帰りのバスを待っていてください、と言わんばかりのスペースです♡

 

 

1時間ほどここでのんびり過ごしたら、いつもの運転手さんのバスがやって来ました!

また田んぼの中を抜け、田舎の住宅地をゆっくり走って、海のある景色へ帰ります。

 

 

 

 

 

いろんなところから入手できる淡路島の情報ですが、市役所が発信する情報はガイドブックやSNSにはないものも多く、ひと味違って面白いので、是非 チェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

岩本 幸代

岩本 幸代

生まれも育ちも大阪。コテコテの大阪を愛する気持ちは今も変わらないが、それと同じくらいハワイが好き!ヒョンなことから南あわじ市にある海近くのハワイのコンドミニアム風平家と出会い、一目惚れしてそのまま移住。「島のあるある」に大阪のノリで突っ込む楽しさを覚え、淡路島を客観的に観察しては、ひとりニヤける私です。 https://www.facebook.com/s.andhawaii

このライターの記事一覧

Top