ブログ

最高のお土産、見つけちゃった♪

こんにちは、紡ぎ屋の藤本沙紀です!最近は日も短くなり、一日が本当にあっという間!!>< 今年も残り1ヶ月ですが、師走の忙しさに負けず、悔いなく過ごしたいものです!

ということで今月のブログは、最近の取材で出会った、おすすめ土産をご紹介したいと思います!

そのお土産が手に入るのは、洲本市五色町で9月2日にオープンしたばかりの「ジャムの森テラス」。実は洲本市内でも有名な「星の果実園」の二号店になります。(移住者さんが経営されています♪)

一号店の「星の果実園」では、自家栽培のいちごやいちごを使ったケーキ、また豊富な種類の自家製ジャムを添えたソフトクリームなどが販売されていますが、イートインスペースの小ささや、「雨の日でも楽しめる場所を作りたい!」というオーナーの思いから、新たに二号店がオープンしました!

「ジャムの森テラス」では、ジャムを使ったお料理を楽しめるカフェや、ジャム作り体験ができるスタジオを併設。今回は、ジャム作り体験の取材でした。

ジャムはいちごや無花果、ぶどうや鳴門オレンジなど、季節に応じた旬の果物で作ることができます。余計なものは一切入れず、果物と砂糖だけで作りあげるジャムはとっても優しい甘さ♡体験料は果物によって異なるので、予約の際にお問い合わせください!!

もちろん、ジャムは販売もしています!そこで私も、とうとう出会ってしまいました…あの、幻のジャムに…!!

その名も「初夏香るさわやか鳴門オレンジのコンフィチュール」!!

「星の果実園」さんといえば、今年の5月に開催された「ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会」で、なんと最高賞の‟ベストカテゴリー賞”を受賞されたことで益々注目を浴びていましたが、その世界一の座に輝いたコンフィチュールが、こちらでも販売されていました…!

しかし「今年の分は、もう出ている分で終わりです」とのこと><(鳴門オレンジのシーズンは4月から初夏にかけて)まだ滑り込みで手に入るかな?完売していれば来年になってしまいますが、みなさん楽しみにしていてください!!

そもそも鳴門オレンジって、みなさん知ってますか?その歴史は300年以上と言われ、淡路島でしか作られていない特別な品種なんです!淡路島は玉ねぎだけじゃないんですよ!!

ということで早速、トーストに塗っていただいてみました。

…あのね。。。これ、、まじで美味しい!!

いや、正直かなり驚きました。まず一口目に、「鳴門オレンジってこんなに香り高かったっけ?!」と感じるくらい、とにかくいい香り!! そして果肉がしっかり残っているので、まるでオレンジをそのまま食べているようなジューシーさ!それにジャム特有の甘ったるさが全然なくて、さらっとしてる。

これはマーマレードやジャムが苦手な方も食べられると思う!それくらい、すごく繊細で上品なお味です。

「世界一の称号を獲得した、淡路島でしか採れない果物で作ったジャム」…なんてキャッチ―なんでしょう(感涙)これは淡路島の新たな特産品に決定だな!!認知度が上がれば、淡路島のPR、活性化にも繋がるよね。

きっとプレゼントにあげたら超喜ばれると思う。だって「世界一」だぜ?それだけでもオツだよね。私もこれからお土産に使おう。

「淡路島土産の、‟世界一”のコンフィチュールです」ってね。

 

 

この記事を書いた人

藤本 沙紀

藤本 沙紀

2017年3月、東京から淡路島へと移住し「紡ぎ屋」の屋号で活動中。まだ見ぬ多くの 「マイノリティ」が秘める価値や想いを、大きな景色に紡いで発信していくことを目的とした、ライター業・制作活動を行っている。現在は、主にwebメディアを中心に、淡路島の魅力を発信中。制作実績には、南あわじ市の沼島を題材としたコンセプトブック「紡ぎ」や、県民局から受託した淡路島の「移住促進パンフレット」、「支援メニュー早読み表」などがある。 http://tsumugiyasaki.strikingly.com/

このライターの記事一覧

Top