ブログ

くにうみ神話の島~沼島~

 

こんにちは 淡路島YASAIBAのおおたしほです。

今日は、令和2年2月15日(土曜日)に行った【ぬしまるしぇ】出張:美菜恋来屋についてです。

沼島は、淡路島の南4.6km、紀伊水道北西部に浮かぶ島。
沼島汽船で行くことができます。
淡路島土生~沼島の灘線(毎日運航)があります。
自家用車でお越しの際は沼島汽船のりば横の灘ターミナルセンターの駐車場(1日500円)をご利用ください。
沼島での交通手段は基本徒歩!

と、とても近いのですが、
島内の方で「沼島行ったことないんだよね~」と言われたことが何回かあります。

ですが、島外、県外の方の中には「沼島に何回も訪れたことがある!」というファンが多数おられます。

【ぬしまるしぇ】とは…
登場人物
①現南あわじ市地域おこし協力隊のメンバーM君・・・大規模直売所、美菜恋来屋が活動拠点
②現南あわじ市地域おこし協力隊のメンバーKさん・・・地域の特産品をPR(今回は不在)
③元南あわじ市地域おこし協力隊のメンバーMさん・・・地域おこし協力隊時代から現在も沼島に在住『吉甚バッタリ・カフェ』経営
この3名がタッグを組み、
沼島にある『吉甚バッタリ・カフェ』で、野菜、果物、加工品を販売し、沼島に住む方に届けようと始め、
今回で4回目の開催でした。
そして、私、
④元南あわじ市地域おこし協力隊のメンバー(M君の前任というのでしょうか?美菜恋来屋が活動拠点でした)
淡路島YASAIBAとしてお邪魔しました~もちろんニンジンを持っていきました~
こちらは農業繋がりで、淡路島プラチナ農業女子部の方と一緒に~

9時00分発~9時10分 沼島到着
野菜などの荷物はM君とMさんに任せて、私は徒歩で『吉甚バッタリ・カフェ』へ

10時の開店に向けてM君と私、せっせと商品の陳列作業
オープンと同時に大賑わいでした!
向かいにある神宮寺の住職さんが特別にお庭を見せてくださいました。
京都から来られていた観光客の方に交じって、貴重な絵や曼荼羅などを拝見させていただきました。

ハートのチーズ♡

ランチは『吉甚バッタリ・カフェ』にて。

上立神岩(かみたてがみいわ)

午後からはお客さんもまばらに。お散歩に出かけました。
この「上立神岩」の中央部がハート型に窪んでいます。
(だからバッタリ・カフェのチーズもハートなんですよ!Mさんの沼島愛がたっぷり!!)

上立神岩までの距離はさほどないのですが、結構な坂道を歩きます。翌日、お尻が筋肉痛になったことは誰にも言っていません。


メンバー⑤Gさん(左端)が追加!その次が私、Mさん、右端がM君
とても久しぶりに地域おこし協力隊のメンバーに会うことができ、近況報告しあい、
なんと表現したらいいのか分からないですが、『いとこに会った』ような気分で居ました、笑。

こうして、地域おこし協力隊のメンバーが連携して続けられている。
生まれも育ちも淡路島ではなかったり、淡路島へのUターンであったり、そんなメンバーがココ淡路島で出会い、交流が続く・・・
これも縁だな~と、しみじみ思いました。

 

*国生み神話や沼島、神宮寺について私ごときが語ることができる話ではありません。諸説あり、伝承地あり…
 ご興味あればご自身でお調べいただき、各地を訪ねていただければと思います。

 

 

この記事を書いた人

おおたしほ

おおたしほ

1981年生まれ 大阪府育ち。 家族は、日本一の一味唐辛子栽培を夢見る夫、 大好きなニンジンを作ることができる喜びを全身で感じている私、 そんな私たちの畑をときどきお手伝いしてくれる2人の子どもたち、 草刈り&草食べ担当のヤギのあずきちゃん、迷い猫だったくろまめちゃん、図々しく家に入ってきたおもちくん。 (今は2匹とも家猫です)

このライターの記事一覧

Top