ブログ

淡路島と大阪の二拠点生活

はじめまして。
この春からブログを担当することになりました黒川香苗と申します。
私は2018年4月に淡路島に引っ越してきて、淡路島歴二年。初回は自己紹介がてら、私がこの島に来ることになったきっかけについて書いていこうと思います。

 

いきなりですが、都会暮らしをしているみなさま、少しだけ疲れていませんか?
私は淡路島に来る前、少し疲れていました。

 

淡路島に来る一年前、私はカナダのトロントという町で暮らしていました。トロントは日本で例えるなら「でっかい神戸」みたいな街。海はないですが、南は海のように大きなオンタリオ湖、北は広大な自然に囲まれており、人々の暮らしと自然がいい塩梅で混ざり合っていて、みんなおおらか。そんなカナダのことが大好きになって帰りたくなかったのですが、私には大阪で待っていてくれる旦那さんがいたので、ちゃんと帰国(笑)

トロントにあるビーチ、都会と自然が混ざり合う住みやすい街

カナダのおおらかな暮らしから一変、大阪でのせわしない日常に戻ったわけですが、なんとなくしっくりこない。でも、そんなこと悩んでてもしょうがない!夢だった美味しいコーヒーの飲めるゲストハウスの開業に向け、焙煎所で働きながらコーヒーの勉強をはじめました。そんな折、焙煎所オーナーの知人が淡路島でゲストハウスを開業。管理人を募集しているとの知らせが。

 

願ったり叶ったり!

 

一度、物件を見に行ってみませんか?とのお誘いを受け、ほぼ初めての淡路島に。須磨駅で待ち合わせて一時間もかからないうちに到着。

 

へえ~。けっこう神戸から近いんだな。

 

これが淡路島の第一印象(笑)
物件を見に行ったあと、海の見えるみかん畑に連れて行ってもらい、みかん畑の整備を体験。海辺をドライブして帰宅。一度行っただけなのに自然の素晴らしさにすっかり魅了され、ゲストハウス開くなら、大阪より、淡路島がいいな~と、思ったのです。

案内してもらったゲストハウス。窓越しに田んぼが見えるすてきな物件

 

そのあと、何度も家族会議が開かれ、私は島での仕事を見つけ、旦那さんと離れて暮らすことを選択しました。(カナダのときも一人ぼっちにしてしまったのに、また一人ぼっちにしてしまって本当に申し訳なかった)私の夢を応援してくれる家族。本当に感謝しているのです。

私の淡路島ライフはこんな大胆な決断からスタート!

バス停が近く居酒屋が徒歩圏内にあるという理由で(笑)南あわじの福良という町に住むことに。一年間しか住んでいませんでしたが、楽しい街でした。

次回からは、私の日々の暮らしや、仕事について綴っていこうと思います。
よかったらお付き合い下さいませ。

この記事を書いた人

黒川香苗

黒川香苗

1984年岡山生まれ。大学卒業後、大阪の建材メーカーでデザイン開発を担当。退職後、夢だったゲストハウス開業に向け、生きた英語を学ぶため単身カナダへ。帰国後は芦屋の焙煎所に勤務。開業に向けての準備をするうち、ひょんなことがきっかけで淡路島のお仕事の紹介を受ける。現在は南あわじ市地域おこし協力隊として活動しながら、淡路島と大阪の二拠点生活満喫中。

このライターの記事一覧

Top