ブログ

さて、食べますか!!

こんにちは 淡路島YASAIBAのおおたしほです。

4月に書いたブログで登場した『種まきしたニンジン』が少しずつ収穫期を迎えています!!
今のところ、無事に育っています!!うれしいっ

さて、今日は、そんな収穫したお野菜たちがどんな感じで食卓に並んでいるのか、お伝えしたいと思います。
実は・・・わたし・・・
お料理が上手じゃないのです。主婦歴9年目です。
(お料理が上手じゃない私は、盛り付けも、写真撮りも下手です。ご了承ください。ヤル気はあります!)
素材の味がしっかりしているので、ほぼほぼ『お野菜の味料理』です。【右上】リーフレタスミックス、ミニ人参、バジルのサラダ
【左上】ニンジン葉とオリーブオイルと塩のドレッシング
【その下】ニンニクの芽と豚肉の炒め物
【下】ミニニンジンとスナップエンドウの蒸し焼き
子どもたちはバクバク食べますよ~

カブ菜、カブ、ニンジン葉、ニンジン、春菊の白和え
(豆腐の水切りを十分にせずに失敗しました。が、美味しかったです。)

じゃがいも
・インカのめざめ
・メークイン
・男爵
・とうや
この夏は、この4品種を育ててみました。
写真は、インカのめざめ、メークインの食べ比べの時のものです。
オリーブオイルとバジルと塩を混ぜたものをかけています。
出荷する前には必ず試食を行いますよ~
そして、私たちの納得できるものを出荷しています。1番味にうるさいのは、下の息子です・・・

バジルがモリモリできてきています。
正直、料理下手な私は「バジルはどうしたらいいのか・・・」と思っていましたが、
生で食べるのが良いっすね。バジル特有の香りが口に広がります。
料理上手なしんちゃん(夫)は、ジェノベーゼパスタを作っていました。
ものすごく美味しかったです。
毎日作ってくれてもいいんやで?

最近、ご近所さんが毎週YASAIBAのお野菜を購入してくださっています。
そんなご近所さん、お料理がとっても上手なんです。
小さいサイズのじゃがいもをまるごと使って、【肉じゃが】です。
こちら、なんと!
炊飯器料理なんです。
レシピを教えてもらって、私も挑戦しました。
めちゃくちゃ簡単でした。火加減も気にすることなく、炊飯器のスイッチを押せば、あとは畑に~
炊飯器料理、いろいろあるみたいなので、やってみたいです。
だけど、我が家は『白ごはん』は必須アイテムなので、炊飯器がもう1ついるな・・・と思っているところです。

こちらは、スナップエンドウを使ってくださったパスタです。
彩りもいい!!絶対おいしいやつです!!あ~食べたい。

素敵な一品に変身させてもらったお野菜たち、さぞ喜んでいることでしょう( *´艸`)

ネット販売もぼちぼちやり始めました。
★食べチョク
★ポケットマルシェ で、おりおり販売しています。

ご近所さんのように、お料理写真を送ってくださるお客様もいて、
それを見るのがとてもとても楽しいです。
「じゃがいもとバジルとニンジンでオムレツしました~」
「ニンジン葉を天ぷらにしました~」
「ポテサラにしました~」
「ニンジンはスティックで決まり!」などなど。

私たちが育てたお野菜を、日本のどこかで誰かが食べている。

移住する前は、こんな未来を想像もしていませんでした。家庭菜園くらいできたらいいな~とか思っていました。
『まさか私が!』
移住者あるあるかもしれませんね。
コレをする!と覚悟を決めて来られる方。
私のように、淡路島に来てから、コレがしたい!と行動する方。
移住する(ただの引っ越しともいう)、仕事が変わる、接する人が変わる、見る目が変わる、見られる目も変わる。
もちろん、変わらないものも大事にしながら、淡路島の自然のなか、日々生活しています。
たのしい!!

 

この記事を書いた人

おおたしほ

おおたしほ

1981年生まれ 大阪府育ち。 家族は、日本一の一味唐辛子栽培を夢見る夫、 大好きなニンジンを作ることができる喜びを全身で感じている私、 そんな私たちの畑をときどきお手伝いしてくれる2人の子どもたち、 草刈り&草食べ担当のヤギのあずきちゃん、迷い猫だったくろまめちゃん、図々しく家に入ってきたおもちくん。 (今は2匹とも家猫です)

このライターの記事一覧

Top