ブログ

まぶしい太陽と、まぶしい野菜

みなさんこんにちは、藤田祥子です。

今年は梅雨が長かったですね、梅雨が開けたと思ったらもう暦では立秋。入道雲のあいだからうろこ雲がのぞきはじめます。

長雨の影響で今年からはじめた畑に植えたトマトが病気になってしまいました……。とはいまだまだ暑さの盛り。他の野菜たちは元気に育っています!

 

こちらのお花、みなさんご覧になったことはありますか?パッションフルーツのお花です。私の区画ではないのですが、友人が路地のパッションフルーツに挑戦しています。さて、うまく実になるかな??

 

こちらは皆さんご存知、唐辛子です。まだ青いのですがこのまま収穫しないでおいておけば赤い唐辛子に。このまま収穫すると青唐辛子として活用できます。

 

かろうじて雨を免れたトマトたち。少しでも収穫できたらいいのですが……。

 

この愛しい膨らみはなすびです!かわいい……。茄子でも花の瞬間、実になる手前、実ったあとでは姿が違って、おもしろい!

 

これはお花になったところ。

 

実ったところ。どの姿もいいですね~!笑。

 

なるべく脚を運ぶようにはしているのですが、1週間いかないでいると帰りはこんなにたくさんの収穫が笑。

冬の野菜はなかなか収穫するまで長かったのですが、こんなスパンでできるんだ!暑さってすごいな~!と感動するばかりです。

まぶしい季節もそろそろ折り返しでしょうか、また次の季節も、楽しい畑のご報告ができますように!

この記事を書いた人

藤田 祥子

藤田 祥子

1985年兵庫県三木市生まれ。通信教育のWebアプリケーション開発、通信販売のカタログ編集・Webディレクション・商品企画に携わった後、2017年4月 No.24設立。前向きで主体的、楽しく生きる島の人たちにあこがれ、2014年より淡路島民に。新しい価値との出会いや、その扉に手をかけた時の胸の高鳴りを大切に。書籍やフリーペーパー、Webメディアの企画・コピーライティング、淡路島をフィールドにした商品開発、廃校跡地を利用したカフェノマドの運営を手掛ける。

このライターの記事一覧

Top