ブログ

ともだちが、島に越してきた!

みなさんこんにちは、藤田祥子です。淡路島に引っ越して間もない頃、あっちこっちの友人が淡路島に遊びに来てくれることに、とても驚きました。私が暮らしていることをきっかけに島に訪れてくれる人が増えるのはなんとも嬉しいものです。

淡路島へやってきてくれることだけでも嬉しいのですが、なんと!!!!10年来の友人が、島を暮らす場所として選んでくれることになりました。そしてさらに!私の大好きな山田屋さんと、お店を構えることとなり、ダブルハッピー!!

 

四人はチームとなり、山田さんのジャム工房を改装し、10月から山田屋+はなゑみコーヒーとしてリニューアルされました!

これまで仮屋で、ジャムやおやつの販売をされていた山田屋さん。友人の田村夫妻が加わって、営業日もメニューもパワーアップ!!

金曜日~火曜日までの営業で、ジャム以外にもはなゑみコーヒーさんのいれてくれるエスプレッソ珈琲や島の自慢の品を手にできる場所になりました。

 

田村夫妻が、新しい土地での挑戦に選んだのがエスプレッソ。お店にはいるとこんな言葉が書いてあって、うれしくって胸がぎゅっとなります。

 

ある日のメニューはこんな感じ。エスプレッソをベースにしたコーヒーやラテ、ジャムを楽しめる淡路島牛乳のソフトクリームのラインナップ!楽しげな雰囲気がお店の外にも溢れ出ています。

 

 

入店すると、ジャムとソフトクリームとコーヒー豆のしあわせだらけの香りがただよっています。黄色いエスプレッソマシーンでドリンクをいれてくれるのは、はなゑみコーヒーのよーこさんです。

 

よーこさんは聞き上手でお話上手!ソフトクリームにトッピングできるジャムの紹介も聞いてるだけでたのしい^^きっとすぐに仮屋のおじいちゃんとおばあちゃんたちのアイドルになると思っています笑。

 

もちろん、お店には山田屋さんもいらっしゃるのでファンのみなさんご安心を!笑。

 

 

さ、出てきました~!!よーこさんのいれてくれたラテとソフトクリーム。山田屋の優子さんが炊いてくれたジャムをソフトにかけて……。熱い、冷たい、いったりきたりで至福のひととき^^

ソフトクリームとラテをいただきながらとっても不思議な気持ちになりました。まさか。ともだちが、淡路島に引っ越してきて、大好きな山田さんたちとお店するなんて。喜びと嬉しさでふわふわと信じられない感じです。

 

田村夫妻との出会いは私が学生の頃、緑色の珈琲店で働いていたときのこと。当時の緑色の珈琲店では、入社すると1ヶ月も研修を受けさせてくれるシステムがありました。

いろんなお店の店長さんからファシリテーションを受けるのですが、緑のお店のコアドリンクでもあったエスプレッソのクラスを担当してくれたのが田村さんでした。

エスプレッソを通じて知り合ったふたりとは、運命的な再会や、共通の趣味もあってすぐに仲良くなりました。

そして田村夫妻は、私が淡路島に越してからというもの、春夏秋冬と季節を変えて繰り返し、何度も何度も遊びに来てくれました。

ふたりにはいろんな場所や人を紹介したのですが、田村夫妻が恋に落ちたのは山田屋さんでした笑。私も同じく、山田屋さんのご夫婦が大好きなのですが、気がついたら私の知らない間に山田屋さんに会いに行っていったり笑。ふたりの姿が、わたしは嬉しくてたまりませんでした。

さらに大好きな四人が一緒にお店をすることになったんだから、そこにはもう、喜びしかありません。

 

ふたりが淡路島にくるまでは紆余曲折あったけど、心が決まるとはやいものです。移住を考えている人はもちろん、島のみなさんも、ぜひふたりに声をかけに遊びに行ってみてください。きっとぱっと胸が明るく膨らむような笑顔でむかえてくれますよ。

 

四人のお店を、みなさんどうぞ、ごひいきに!

 

山田屋さんとはなゑみコーヒーさん、オープンおめでとうございます!!!

 

 

\淡路島 山田屋+はなゑみコーヒー/
所在地/兵庫県淡路市仮屋91
電話/0799-70-4022
開館時間/11:00~17:00
定休日/水・木

 

この記事を書いた人

藤田 祥子

藤田 祥子

1985年兵庫県三木市生まれ。通信教育のWebアプリケーション開発、通信販売のカタログ編集・Webディレクション・商品企画に携わった後、2017年4月 No.24設立。前向きで主体的、楽しく生きる島の人たちにあこがれ、2014年より淡路島民に。新しい価値との出会いや、その扉に手をかけた時の胸の高鳴りを大切に。書籍やフリーペーパー、Webメディアの企画・コピーライティング、淡路島をフィールドにした商品開発、廃校跡地を利用したカフェノマドの運営を手掛ける。

このライターの記事一覧

Top